ホームページのお問い合わせは
TEL
03-5926-7090
FAX03-5926-7091
働くものの健康ニュース

  労災職業病に取り組む社会医学研究センターのニュース「働くものの健康」は、
毎月10日定例発行しています。2020年3月で、474号になっています。(一部50円です)
ニュースはB5版8ページで、おもにつぎの内容から構成されています。

1面・・その期間の社医研センターの行事や労災職業病に関わる取り組みの中での大きな行事
2面・・1面の続きや労災職業病に関わる記事や集会など 
3面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介 
4面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介 
5面・・社医研センター賛助会団体の紹介コーナー(団体の構成や取り組みなど)
6面・・事例紹介のコーナー(毎号掲載) 
7面・・労災職業病豆辞典(毎号掲載) 
8面・・ひと欄と情報のページ(毎号掲載) 

2019年度

1面・・その期間の社医研センターの行事や労災職業病に関わる取り組みの中での大きな行事  
474号  2月15日、社医研センター「安全衛生フォーラム」
 〝ILOの暴力・ハラスメント条約〟で開催 
 
473号  12月14日、都教組が「いのちと健康
 労安対策委員会学習交流集会」を開催 
 
472号  11月30日・12月1日 学校の労安活動全国交流集会開かれる  
471号  第19回関東・甲信越学習交流集会
 11月17・18日山梨県笛吹市で開催 
 
470号  第30回なくせじん肺
 全国キャラバン・9月30日~10月24日で開催 
 
469号  9月16日
 「せんせい増やそう」中央集会が開かれる 
 
468号  「労働と医学」№141号
 特集「手話通訳者の健康管理」注文相次ぐ 
 
467号  ILOが6月21日の総会で
 「暴力・ハラスメント禁止条約」を採択 
 
466号  5月22~25日名古屋国際会議場にて
 第92回日本産業 衛生学会開かれる
 
465号  日本通運の産業医介入による解雇問題で
 和解解決なる 
 
464号  埼玉土建がアスベストの全面解決を求める
 国への意見書採択の取り組みを進める
 
463号  2月24日、手話通訳3団体が
 「手話通訳者の健康フォーラム2018神奈川」を開催
 
2面・・1面の続きや労災職業病に関わる記事や集会など   
474号  MIC&MIC女性連絡会が
 セクハラWEBアンケートを報告 
 
473号  労働科学研究所の佐々木司博士の講演
 「1年の変形労働時間制では教職員の健康は守れない」 
 
472号  創意ある実践的な活動報告
 学校のローアン活動全国交流集会
 
471号  11月17・18日第19回関東甲信越交流集会
 特別報告と分科会報告 
 
470号  全教と教組共闘が「やっぱりせんせいふやそう」署名活動
 ――変形労働時間制は「教員の地位に関するユネスコ勧告」違反 
 
 469号 8月17日、日本ジャーナリスト会議で前川元文科省時間が講演
 「私が見た安倍官邸とメディア」 
 
468号  7月29日・8月2日 埼玉と東京で
 衛生推進者養成講習を開催 
 
467号  平成30年の脳・心臓疾患・精神障害の労災補償状況
 ―認定数・率とも過去最低 
 
466号  5月25日、愛知県で第2回の「衛生推進者の講習」を開催   
 465号 全労働省労働組合が
 全労働運動史・第3巻を発行 
 
464号  2019年4月1日から
 労働時間の「改正労基法」が施行
 
463号  川崎市で学校事務職の措置要求行政訴訟
 2月13日横浜地裁で公判審理
 
3面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介   
474号  厚生労働省が1月15日に
 「パワハラ防止指針」を告示 
 
473号  「いのちと健康全国センター」
 12月13日に第22回総会を開催 
 
 472号 厚生労働省が令和元年版(2019年)
 「過労死防止対策白書」を発表
 
471号  11月6日(水)過労死防止対策推進
 シンポジウム(東京・イイノホール)で開催 
 
470号  JAL不当解雇撤回に向けて、「東京2020、オリ・パラ競技大会」
 組織委員会あて「要請ハガキ」にご協力を 
 
469号   9月8日東京自治労連が
 第18回の労働安全衛生活動交流集会を開催
 
468号  9月29日「いのちと健康を守る東京センター」が
 第16回総会を開催「労安活動を中心に過労死のない社会へ」 
 
467号  7月13日・都教組「いの健対策委員会学習交流会」開かれる
 ―安心して働ける職場にするために― 
 
 466号 5月18日「いのちと健康をまもる東京センター」が
 第6回の労働安全衛生学校を 開催
 
465号  学校事故ビッグデータ
 年107万件、職場巡視行われず 
 
464号  4月1日施行改正労基法
 「年5日の有給休暇の取得を企業に義務づけ」
 
463号  労働政策審議会がパワーハラスメント防止対策で建議—
 通常国会に法案提出予定
 
4面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介   
474号  第143回社医研センター定例研究会
 2月20日「手話通訳者の健康管理」で開催 
 
473号  2018年度精神被患による
 教員の休職者5212人(文科省発表)
 
472号  第142回社医研センター定例研究会
 12月12日、「日米貿易協定」で開催 
 
471号  第141回社医研センター定例研究会
 11月21日「情報機器作業ガイドライン」で開催
 
470号  ストップ・転倒災害
 中災防などが、転倒災害防止でプロジェクト 
 
 469号 第140回社医研kセンター定例研究会
 9月19日「教員の長時間労働対策」 
 
468号  第139回社医研センター定例研究会
 7月16日「ILOの暴力・ハラスメント条約」で開催 
 
467号  6月22日・23日千葉工業大学で
 第17回日本手話通訳士学会を開催
 
466号  第137回社医研センター定例研究会
 「措置要求制度のとり組み」で5月16日開催 
 
465号  学校の「働き方改革」の中教審の通知
 「改革」への批判高まる 
 
464号  統計不正問題の背景に
 統計職員の大幅な削減—14年間に3分の1に
 
463号  第136回社医研センター公開定例研究会
 3月14日「雇われない働き方」の「労働者性」のテーマで開催
 
5面・・社医研センター賛助会団体の紹介コーナー(団体の構成や取り組みなど)  
474号  千葉土建一般労働組合
台風15号・19号、房総豪雨で災害復旧に全力
春の拡大運動では、拡大目標955人達成に全力 
 
473号  東京土建杉並支部
公契約条例の制定へ2月議会提出・3月条例化へ
じん肺アスベストで平成22年から24人の労災認定
 
472号  東京都教職員組合
いのちと健康、労安対策委員会学習交流会を開催
各区・各市での安全衛生委員会活動を活発に交流 
 
471号  国労東京
9月に労働条件改善・組織拡大経験交流会を開催
労働者代表に選出、安全衛生委員会活動の参加 
 
470号  神奈川土建一般労働組合
神奈川土建が9月の台風15号被害の千葉県の復興支援
首都圏アスベスト神奈川訴訟・9月に東京高裁弁論
 
469号  東京土建調布支部
結成55年、調布市で2700人組合目指す
じん肺アスベストで、13年以降24人の認定かちとる 
 
 468号 東京土建新宿支部
今年の6月21日新宿区が公契約条例を制定、10月施行
東京都内で9自治体目、13年間の粘り強い取り組み 
 
467号  東京土建板橋支部
「昭和32年」に結成、60周年を迎え5千人の組合へ発展
アスベスト・じん肺で48人の労災認定を勝ちとる 
 
466号  埼玉土建川口支部
2018年アスベストで5人の労災認定を勝ちとる
市議会で石綿の解決を求める意見書を全会一致採択 
 
465号  埼玉土建朝志和支部
昨年じん肺アスベストで3人の労災認定勝ちとる
仲間の声きっかけに、組合へ加入し認定勝ちとる 
464号  日本出版労働組合連合会
出版労連がハラスメント防止で撲滅宣言運動展開
「真実の報道を守れ」 でマスコミ共闘と共にデモ
 
463号  日本新聞労働組合連合 
首相官邸の記者弾圧にMICと共に抗議行動展開
真実の報道を守り、労働者の健康を守る活動柱に
 
6面・・事例紹介のコーナー(毎号掲載)   
474号  長崎地裁で未発症の労働者への慰謝料支払い命令
長時間労働の苦痛は人格権の侵害で慰謝料対象
長時間労働は安全配慮義務違反、残業代支払いも命ず
 
473号  森友学園との交渉担当部署の職員が自殺
2019年8月8日近畿財務局が公務災害と認定
森友学園値引き不開示裁判で大阪高裁が違法と判決 
 
472号  自殺教唆で三菱電機の社員を兵庫県警が書類送検
上司から日常的な暴言を受けて、 新入社員が自殺
5年間で5人の労災認定うち3人が過労自殺
 
471号  札幌の清掃・美装労働者の過労死が労災認定
死亡前1か月の労働時間を実態に即して再計算
1か月100時間超の時間外労働を労基署も認知 
 
470号  トラック運転手の過労死を川口労基署が労災認定
2つの法人格を濫用した副業を、1社の仕事と判断
実残業月150時間超、睡眠時間1時間半の日も 
 
469号  長時間過重労働で自殺の新任教師の裁判原告勝訴
福井地裁安全配慮義務違反で町と県に支払い命じる
地公災福井市部も2016年に公務災害認定 
 
468号  東京都消防署職員の自死を公務災害とする原告勝利判決
短期間内に重なる業務の心理的負荷を本来業務を
『中』、分掌外業務を『強』総合『強』と評価
 
467号  総合病院の産婦人科部長の医師の過労自死労災裁判で原告勝訴
80時間超の時間外労働、不眠・高血圧を総合的に評価
広島地裁、認定基準を離れ、事実に即して判決 
 
 466号 31歳コンビニ店長の過労自死が東京高裁で逆転勝訴
発症の病態や時期、個別エピソードの負担を評価
天笠医師の適応障害の高裁意見書、勝利に貢献 
 
 465号 大阪天満労基署がエーザイ部長の自死を労災認定
8年間で8000時間の時間外労働でうつ病発症
残業代支払いの対象外の管理監督者で管理が不十分
 
464号  スバル群馬製作所員の自死太田労基署が労災認定
月100時間超の時間外労働と上司のパワハラ
労災認定により3421人の残業代未払いも発覚
 
463号  福島原発敷地内車両の整備士が致死性不整脈死
月110時間の残業でいわき労基署が労災認定
過酷な現場の労働安全対策と東電への指導が急務
 
7面・・労災職業病豆辞典(毎号掲載)   
474号  本質安全化Q&A 166
ILO187号条約と安全衛生管理体制
 
473号  本質安全化Q&A 165
高齢化に伴う高齢者の労災事故が増加
 
472号  本質安全化Q&A 164
楽天のうつ病労災と企業体質
 
471号  本質安全化Q&A 163
小中学校の組み体操での安全問題 
 
470号  本質安全化Q&A 162
東京電力原発事故 幹部の無罪判決の大問題 
 
469号  本質安全化Q&A 161
京都アニメ会社の火災と安全対策 
 
468号  本質安全化Q&A 160
大災害地域自治体職員の過重労働 
 
467号  本質安全化Q&A 159
労働災害による死傷者数と第3次産業の安全対策 
466号  本質安全化Q&A 158
高齢者の労災事故 
 
465号  本質安全化Q&A 157
相次ぐ大企業の検査不正
 
464号  本質安全化Q&A 156
東京五輪現場の安全で労組国際組織が改善を指摘 
 
463号  本質安全化Q&A 155
鉛中毒いま昔(その3)鉛中毒再審査請求統一意見書
 
8面・・ひと欄と情報のページ(毎号掲載)   
 474号 厚生労働省が精神障害認定基準の検討会を開催   
473号  高齢者の転倒事故対策  
472号  平成30年厚労省が「労働安全衛生実態調査結果」を公表  
471号  平成30年 監督業務実施状況
 安衛法違反の送検件数、前年から55件増加し529件に 
 
 470号 外国人技能実習生の実習実施者の対する監督指導状況
 7割の事業場で違反
 
 469号 平成30年度業務上疾病発生状況2年連続で増加し
 「8684件」うち災害性腰痛が5016件
 
468号  平成30年度 アスベストの労災補償は996件   
467号  平成30年の労働災害発生状況
 労災死亡者909人に、過去最少
 
 466号 厚労省、過重労働の重点監督実施結果を発表
 ― 7割近い事業場で法令違反を確認し指導 
 
465号  暑い夏を迎え熱中症の予防管理を   
464号  操縦士の疲労の安全基準を国交省航空安全部が公表  
463号  労働安全衛生の国際規格ISO45001の概要  


バックナンバー

2018年度のページへ


2017年度のページへ