公益財団法人 社会医学研究センター|出版事業 【ニュース】
ホームページのお問い合わせは
TEL
03-5926-7090
FAX03-5926-7091
働くものの健康ニュース 2015年度





1面・・その期間の社医研センターの行事や労災職業病に関わる取り組みの中での大きな行事  
 426号 1月16日・17日 全教の生活権利討論集会開かれる  
 425号 12月19日、社医県センターの
 「最新安全衛生教育講座」第4講座を開催 
 
 424号 最新労働安全衛生教育講座
 第3講座 11月24日に開催 
 
 423号 第15回関東甲信越学習交流集会が11月7日、8日に開催!
 白神弁護士、労災認定の経験語る! 
 
422号  公益財団法人移行記念 衛生推進者登録講習機関認可記念
 最新 労働安全衛生教育講座(全四回)第一講座を開催
 
421号  東京自治労連第14回労働安全衛生活動交流集会
 9月5日に130人参加で開催 
 
420号  JAL123便事故から30年 誰のための安全なのか 何のための解雇なのか。
 シンポジウム「8.10明日への誓い」に6000人参加 
 
419号  7月25日 公益財団法人社会医学研究センターの
 「衛生推進者養成講習」が開催される
418号  公益財団法人 社会医学研究センターが
 「登録衛生推進者養成講習機関」に認可 
 
417号  5月16日「ILO国際基準で日本社会を変える
 シンポジウム」開かれる
 
416号   4月4日郵政産業ユニオンの冨田さんの頸肩腕障害
 裁判和解祝賀会が開催される
 
415号 3月7日「電機の安全対策」「職場のリスクアセスメント」で
 社医研センターの安全講座開催
 
2面・・1面の続きや労災職業病に関わる記事や集会など   
426号  生協労連が労働安全衛生ハンドブック
 「あなたの職場の救急箱」を発行 
 
 425号 11月28日、社医研センターが2015年度
 2回目の「衛生推進者養成講座」を開催 
 
 424号  11月19日、厚生労働省主催の過労死等防止対策推進シンポジウムが東京で開催される   
423号  11月7日「いのちと健康関東甲信越学習交流集会」
 〝若手弁護士が語る労災事件の教訓〟記念講演 
 
422号 「ILO条約の批准を進める会」が
 未批准のILO条約の批准促進で協議  
 
421号  2015年のILO総会で「インフォーマル(非正規)からフォーマル(正規)
 経済の移行に関する勧告」を採択 
 
420号   厚生労働省が平成26年度過労死等の労災補償状況を6月25日に公表
 ―精神障害の請求件数・認定件数とも過去最多―
 
419号 7月25日 社会医学研究センター「衛生推進者養成講習」
 ―学校のリスクが出された労働衛生実施研修― 
 
418号 専修大学職員の労災休業中解雇事件
 最高裁は最悪に「解雇可能」の初判断を下す 
 
417号  5月16日「ILO国際基準で日本を変える」
 シンポジストの発言から 
 
416号 3月20日「いのちと健康を守る全国センター」が
 「働くもののメンタルヘルス」の出版記念学習会を開催
 
415号 3月7日「労働災害安全対策講座」
 〝職場のリスクアセスメント〟
 
3面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介   
 426号 ストレスチェック制度では
 安全衛生委員会の審議が必須条件
医療機関の産業医兼務問題で厚労省が改善通達 
 
425号  12月11日「いのちと健康を守る全国センター」が第18回総会を開催   
 424号  ILOが日本航空整理解雇で11月11日に第3次勧告
 ―解決に向けて日本航空に十分で率直な協議を要請
 
423号  最新労働安全衛生教育講座
 第2講座が10月31日開かれる 
 
422号  第26回なくせじん肺全国キャラバン
 10月15・16日に東京に集結
 
 421号 エネオス神奈川店で違法販売の強要
 パワハラ・長時間サービス残業で6人が労災申請
 ―労基署不支給で3回に分けて労働保険審査会審理―
 
 420号  7月24日 過労死防止対策に関する大綱が閣議決定   
 419号 「いのちと健康を守る東京センター」が7月4日、第12回総会を開催
神奈川建設労連が医師、医療機関向けのアスベスト疾患パンフを発行 
 
 418号 5月16日「いのちと健康を守る東京センター」が
 第2回の労働安全衛生学校を開催
労働者派遣法は職業安定法違反
 
 417号 いのちと健康を守るため戦争立法を廃案にしよう   
 416号 専修大学「労基法19条違反」解雇問題
 判決日は6月18日・15時(最高裁第二小法廷)
化学一般全関東地本が安全衛生一日学習会を開催 
 
415号  3月14・15日「いのちと健康を守る地方センター交流集会」開催
 ―相談員のスキルアップトレーニングトレーニングも
 
4面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介   
426号  社医研センター第117回公開定例研究会
 ILOインフォーマル(非正規)からフォーマル(正規)経済の移行に関する勧告で開催 
 
425号  「過労死のたたかい」の記録
 愛知と北海道であいついで出版 
 
 424号  矢田部過労死事件でたたかいの記録を発行
 ―ブラック企業㈱クウォークに命奪われて― 
 
 423号 TPPの「大筋合意」は2013年の国会決議違反  
422号  社医研センター第116回公開定例研究会
 10月15日「過労死防止大綱と家族の会の活動で開催」 
 
421号  全労連が国際シンポを11月13日から開催予定
 「グローバリゼーション下での労働基準の確保
 ―多国籍企業に対する労働組合のたたかい― 
 
 420号  7月27日に文部科学省が
 「学校現場における業務改善のためのガイドライン」を発表
 
419号  社医研センター第115回公開定例研究会
 7月16日「ILO187号条約(労働安全衛生の促進的枠組み条約)」で開催 
 
 418号 社医研センター第114回公開定例研究会
 6月18日「東京土建健診2008~12年のまとめ」で開催 
 
 417号 社医研センター第111回公開定例研究会
 3月26日「労働時間法制改悪」で開催  
 
416号  社医研センター第112回公開定例研究会
 4月23日「安倍政権の『農業改革』」で開催
 
415号  3月7日「私たちは機械ではない―
 過労死のない交代勤務の実現をめざシンポジウム」開催される
 
5面・・社医研センター賛助会団体の紹介コーナー(団体の構成や取り組みなど)  
426号  東京土建葛飾支部
「災害時での応急対策業務で葛飾区と災害協定締結」
平成14年以降じん肺アスベストで41人の労災認定 
 
425号  全日赤医療センター第一労働組合
「組合結成70周年」ともに歩んだ汗と涙の感動の闘い
安全衛生委員会活動の活性化、16時間夜勤問題に全力 
 
 424号  全川崎地域労働組合
川崎の未組織労働者の組織化と総がかりの運動前進
「2015年過労死で2件の労災認定を勝ち取る成果」 
 
423号  全日本損害保険労働組合
「損保業界の過当競争の中で労働組合の役割を発揮
一人一言運動を基礎に交流と団結で職場環境改善 
 
 422号 郵政産業労働者ユニオン
「郵政3社」の株式上場に関し経営健全性で提言発表
郵政のユニバーサルサービスの確保が重要な課題 
 
421号  東京土建三鷹武蔵野支部
2つの支部を再編成新体制で運動の前進をめざす
じん肺アスベストで平成15年から16人の労災認定 
 
 420号  埼玉土建本庄支部
「来年支部結成40周年、3年実増の組織の発展めざす」
「平成27年じん肺で本庄支部初の労災認定かちとる」 
 
 419号 神奈川土建大和支部
「戦争法安に反対」、大和市内9駅で駅頭宣伝活動
じん肺アスベストで神奈川土建第2位の17人認定 
 
 418号 埼玉土建熊谷支部
曙ブレーキの電気工事従事者が肺がんで労災認定
春の拡大で目標達成、組織実増を力に更なる躍進 
 
 417号 千葉土建我孫子支部
我孫子市で千葉県二番目の公契約条例が可決成立
15年にわたる我孫子支部の取り組みで3月に制定  
 
416号  埼玉土建上尾伊奈支部
「結成40周年を迎え、拡大で千七百人組合を目指す」
平成26年アスベスト労災で4人の認定をかちとる
 
415号  東京土建江東支部
「今年一月に大工の上肢障害で労災認定かちとる」
じん肺アスベストで平成14年から35人の労災認定
 
6面・・事例紹介のコーナー(毎号掲載)   
 426号 関西建設アスベスト損賠裁判、大阪・京都で勝利
京都地裁は初めて建材メーカーの責任を認める
一人親方の賠償に政治的解決を促した京都判決
 
 425号 大分地裁がNTT退職強要によるうつ病、勝利判決
不支給決定を取り消しNTTのリストラ手法断罪
リストラ強要の選択強要パワハラが原因と労災認定
 
  424号 半導体クリーンルーム作業員のうつ病勝利判決
社長のパワハラ、長時間業務、残業代不支給で「強」認定
時間管理不備と安全配慮義務違反も別裁判で勝訴
 
 423号 福島労働局第一原発事故後被曝で、10月に初の労災認定
作業員の白血病を福島富岡労基署が認定
懸念される多くの原発作業員の被曝労災の増加 
 
 422号 四日市コンビナートの鍛冶工肺がん死、勝利判決
津地方裁判所四日市支部における損害賠償裁判で
生前の労災申請資料や仕事内容の手帳が立証に貢献
 
421号  イベント会社社員のうつ病、札幌中央労基署が認定
直近3ヶ月で170時間の時間外労働と休日出勤
人格否定のメール・始末書・顛末書の強要繰返す 
 
420号   食品会社支店長過労自殺を札幌地裁が業務上判決
達成困難な計画目標などの心理的負荷を重視
札幌東労基署の不支給処分取り消しの勝利判決 
 
 419号 26歳教諭の過労死を大阪基金支部が公務上判断
校内残業時間71時間に加え持ち帰り残業を認定
理科教科担当・クラス担当の他、バレー部の顧問
 
418号  大阪地裁、OA機器販売会社の過労死で業務上判決
33歳発症前3年間の残業時間は月平均89時間超
営業部門のマネージャークレーム処理での負担大 
 
417号  最高裁の上告棄却で中学校教諭の公務災害勝訴確定
中学校教員のクラブ活動など長時間労働を認める
時間外勤務2か月で146時間、休暇は夏休み6日のみの激務
 
416号   バス運転手自殺は労災と、東京地裁が原告勝利判決
飲酒検知器誤動作と会社がその通知を怠ったと認定
解雇必至との誤信を強めさせた会社を厳しく批判
 
 415号 うつ既往歴のある新入社員の自殺を業務上と判決
東京地裁は発症後の「増悪」でも業務起因性肯定
新入社員の過重な心的ストレスを実態に即し評価
 
7面・・労災職業病豆辞典(毎号掲載)   
 426号 労働安全衛生法Q&A118
芳香族アミンの調査結果 
 
 425号 労働安全衛生法Q&A117
スキーバスの転落事故 
 
  424号 労働安全衛生法Q&A116
転倒防止対策 
 
423号  労働安全衛生法Q&A115
飲食店の労働災害対策 
 
422号  労働安全衛生法Q&A114
天津の大爆発事故
 
 421号 労働安全衛生法Q&A113
クレーンの災害 
 
 420号  労働安全衛生法Q&A112
感電防止対策 
 
 419号 労働安全衛生法Q&A111
足場組立て作業の特別教育 
 
 418号 労働安全衛生法Q&A110
転倒災害防止対策 
 
417号  労働安全衛生法Q&A109
安全文化の伝承
 
 416号 労働安全衛生法Q&A108
化学一般労連の職場 安全点検運動の訴え
 
415号 労働安全衛生法Q&A107
欧州の機械安全技術とISO規格
 
8面・・ひと欄と情報のページ(毎号掲載)   
426号  学校教員の精神疾患での病気休職5045人に
病気休職者の61%に 
 
425号  日本医師会が産業医活動に関するアンケート調査結果を発表   
 424号  東京労働局がメンタルヘルス調査   
423号  2014年の業務上疾病件数7415人(前年比105人増)   
 422号 平成26年度 アスベストの労災補償は1002件   
 421号 平成26年の定期健康診断の有所見率53.2%に  
 420号  平成26年の監督実施状況、労安法違反は628件   
419号  労働者が違法な長時間労働を繰り返す企業を指導し
公表する取り組みを実施
 
 418号 平成26年の労働災害発症状況
死亡・死傷・重大災害いずれも前年より増加 
 
417号  警察庁は3月12日、「平成26年中における自殺の状況」を発表しました。   
 416号 厚労省が転倒災害防止で実施要綱を発表   
 415号 厚労省がストレスチェックの運用方法についての省令案を作成  



2017年度のページへ


2016年度のページへ