ホームページのお問い合わせは
TEL
03-5926-7090
FAX03-5926-7091
働くものの健康ニュース 2016年度






1面・・その期間の社医研センターの行事や労災職業病に関わる取り組みの中での大きな行事  
438号  長時間労働の岸求め院内集会に350人が参加・2月10日   
437号  全日本教職員組合が1月21日・22日に生活権利討論集会を開催   
436号  11月26日社会医学研究センターが
 安全衛生フォーラム『夜勤交代制労働と改善のたたかい』開催 
 
 435号  11月19・20日 第16回関東甲信越学習交流集会を開催!   
 434号 「なくせじん肺アスベスト」第27回全国キャラバン10月17日に東京に終結  
 433号  9月3日東京自治労連が第15回
 「労働安全衛生活動交流集会」」を開催 
 
 432号  社医研会館開設祝賀会8月11日に開催しましたを  
 431号  社会医学研究センターが7月9日に安全衛生フォーラムを開催
 ―「ILO訪問活動」と「化学物質のリスクアセスメント」 
 
 430号  郵政ユニオンと生協労連が5月22日からILOを訪問
 ―204号勧告などで情報提供・交流 
 
 429号  公益財団法人社会医学研究センターは、
 6月23日に旧病体生理研究所(板橋区熊野町)に移転します 
 
 428号 日本赤十字医療センターで
 3月3日に「腰痛予防対策」の研修を開催
 
 427号 3月5日 社医研センター
 ストレスチェック制度シンポジウム 
 
2面・・1面の続きや労災職業病に関わる記事や集会など   
 438号 2月18日、神奈川で「働くものの労働安全衛生学校」開催
「インターバル規制 」などでMIC(マスコミ文化情報会議)が学習会開催
 
 437号 いのちと健康を守る全国センター
 第19回総会を昨年12月9日に開催 
 
436号   社医研センターが12月3日
 「学校のローアン活動とタスクフォース」で安全衛生フォーラムを開催 
 
 435号  関東甲信越学習交流集会 第3、6分科会報告
第6分科会「ストレスチェックの実際」 
 
434号  10月17日、川崎労災研究会が
 「睡眠科学からみる労働災害予防」で公開学習講座開催 
 
 433号 9月17~18日
 「いのちと健康を守る第8回中四国セミナー」が開催 
 
 432号  8月11日開設祝賀会来賓諸氏のあいさつ
 「社医研センターが働く人を守る研究の拠点となるように」
 
 431号  郵政ユニオンと生協労連の5月訪問のILOへの
 情報提供の詳細 
 
 430号  公益財団法人法人・社会医学研究センターは 
 6月28日に板なし区熊野町に移転しました
 
 429号  本年6月1日 化学物質のリスクアセスメントが義務化   
 428号 行政不服審査法の改正により
 労働保険審査制度が変わります 
 
 427号  3月5日ストレスチェックシンポジウムが開かれる
 杉本氏、旧職員のメンタルヘルス対策
 渡邊氏、生協労連の制度導入について語る
 
3面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介   
438号  〔本の紹介〕 大里総一郎著
 学校の労働安全衛生「衛生推進者の手引き」
 
437号  東京土建一般労働組合が1月15日に
 70周年記念レセプションを開催 
 
436号  「学校のローアン活動とタスクフォース」
 教職員組合の実践報告 
 
  435号 11月9日過労死シンポジウム開催「東京会場」
「本」・ストレウスチェック時代のメンタルヘルス
 ―天笠崇著 新日本出版
 
434号  養護教員過労死で公務災害基金本部審査会で
 9月26日に意見陳述
 
433号  9月6日、日本医労連が夜勤交代制労働の改善をめざす
 国際シンポジウムを開催 
 
 432号  社医研会館のプレート完成
 ―産別会議の杉浦氏・堤氏が訪問
7月30日、第13回東京センターの総会開く
 
 431号  厚労省が平成27年度過労死等の労災補償状況を6月24日に公表
 精神障害の請求件数、3年連続増加 
 
 430号  東京センターが6月4日 第3回の労働安全衛生学校を開催 
全川崎地域労働組合が3会連続で「労働安全衛生法講座」を開催
 
 429号  ILO労働者活動局長マリア・アンドレさんが来日
 記念講演と連合・全労連・航空連を訪問
 
 428号 東京土建労働組合が実践50のQ&A
「職業病労災申請マニュアル」を作成
 
 427号 訃報 社会医学研究センター代表理事
井上修一先生(高島平診療所所長)3月3日に急逝される
 
4面・・労災職業病に関わる取り組みや労働組合の安全衛生に関わる取り組みなどを紹介   
438号  社医研センター第123回公開定例研究会・1月26日
 「靴工労働者職業がん疫学調査報告」で開催 
 
437号  社医研センター第122回公開定例研究会・12月22日に
 「第5回日韓職業性筋骨格系疾患シンポジウムの報告」で開催 
 
436号  「過労死シンポジウム」広島・11月25日開催
 〝過労死を防ぐためILO条約を生かす〟で基調講演
 
  435号 厚労省が平成28年版「過労死等防止対策白書」を発行  
434号   2016年秋、労災職業病のたたかいに関する2つの本が出されました。いずれ
の本も「いのちと健康を守るたたかい」に関する人にとって貴重な本ですので紹
介します。 
 
 433号 社医研センター第121回公開定例研究会・9月15日
 「産業衛生学会・社会医学会の報告」で開催 
 
 432号  「学校にローアンの風を」
 第3回衛生推進者養成講習を7月23日に開催
 
 431号  学校現場における業務の適正化に向けて
 業務改善のためのタスクフォース報告 
 
 430号  5月26日、民放労連と映画共闘が
 民放キイ局の労働実態で三田労基署と懇談 
 
 429号  社医研センター第120回定例研究会
 「ストレスチェック制度Q&A」で開催 
 
 428号 社医研センター第119回公開定例研究会
 「社会保障改悪・経済政策」で開催 
 
 427号 社医研センター第118回公開定例研究会
 2015年の「産業衛生学会・社会医学会の報告」で開催
 
5面・・社医研センター賛助会団体の紹介コーナー(団体の構成や取り組みなど)  
 438号 埼玉土建越谷支部
埼玉で2市目、越谷市が公契約条例を昨年12月に制定
越谷支部、賃金の下限定め、引き続き運動強める 
 
 437号 全労働省労働組合
「結成60年の伝統のもと労働者・国民の権利を守る
全労働の5つのミッション」で労働行政を守り発展 
 
 436号 東京土建大田支部
「平成28年1月に大田支部結成60周年式典を開催」
平成18年からアスベスト・じん肺で33人の労災認定 
 
 435号  化学一般労連関東
化学一般労連が結成30年を記念し、30年史を発行
仕事はまじめに、要求は大胆に、仲間は大切に、掲げて 
 
434号  東京靴工組合
昭和29年38人で結成、今年640人の組合員で結成62年
靴工のくらしと権利向上、靴履物産業の発展へ全力 
 
433号  埼玉土建新座支部
「石綿肺がんで労災不支給決定の取消しを勝ちとる」
埼玉土建中西部地域で「仕事ネットワーク」を交流 
 
 432号  神奈川土建横浜中央支部
「春の組織拡大で114人を達成。支部優秀賞受賞」
ケーブルテレビの配線作業者が石綿がん労災認定
 
 431号  東京土建練馬支部
「アスベストで2002年から49人の認定かちとる」
「アスベスト疾患3つの取組みポスターで呼びかけ」 
 
 430号  東京土建墨田支部 
一人親方の労災認定、手帳30冊で労働者性を証明
春の拡大運動で、130人の目標達成の成果上げる
 
 429号  東京土建中野支部
家具工の石綿肺でアスベスト入り麻袋を再生利用
「労基署の決定を覆し給付日額を2倍」にする成果 
 
 428号 埼玉土建川越支部
「平成26年からじん肺アスベストで4人の労災認定」
アスベスト対策委員会の訪問活動が大きな成果に 
 
 427号 神奈川土建西相支部
「組合結成44年目、2016年春の拡大運動に全力」
アスベストで1996年から11人の認定かちとる
 
6面・・事例紹介のコーナー(毎号掲載)   
438号  東京高裁、大田労基署長の労災治癒処分を断罪
訓練施設での緊急脱出訓練で腰痛発症の副操縦士
整理解雇された副操縦士、逆転判決を勝ち取る 
 
437号  福井労基署が化学物質による膀胱癌を業務上認定
芳香族アミン取扱工場でオルト・トルイジン 使用
三星化学福井工場染料顔料の製造工程で7人認定
 
436号  さいたま地裁で郵便局員の過労自死が勝利和解
厳しいノルマやパワハラで転勤後の休職繰り返す
日本郵便(株)が謝罪し、損害賠償解決金も支払う  
 
  435号 三田労基署が電通社員の過労死自死を業務上と認定
残業100時間超えるも、過少申告強要が常態化
組織的に過重労働強要しつつ、パワハラ発言も。
 
 434号 さいたま地裁、小学校教諭の心膜中皮腫を公務上と認定
勤務していた小学校の階段室に石綿が飛散し曝露
地公災基金埼玉県支部の処分を覆す原告勝利判決 
 
433号  東京高裁が海外勤務者の過労死に遺族勝訴の判決
中央労基署の不支給処分と地裁判決を取り消す決定
業務や労務管理上、海外出張者に該当すると判断 
 
 432号  歓送迎会後、残業で帰社途中の事故死は「労災」
一・二審判決を破棄し、最高裁で逆転勝利判決
福岡行橋労基署の不支給決定も取り消す判決
 
 431号  労働保険審査会が「くも膜下出血」を業務上認定
大手自動車販売会社営業職の過労死逆転認定勝利
被災者の手帳、会社関係者、妻や支援者の協力が勝因 
 
 430号  北海道ガソリンスタンド従業員の自死を労災と認定
過大なノルマ、長時間労働を札幌東労基署が重視
会社が謝罪し損害賠償金も支払って全面勝利解決 
 
 429号  市バス運転士の自殺を公務災害と認める逆転勝訴
名古屋基金支部と地裁の決定を取り消す勝利判決
名古屋高裁が長時間労働とパワハラが原因と認定 
 
 428号 串焼きチェーン統括労働者の過労死、業務上決定
川崎北労基署がスマホ履歴から長時間過重労働を認定
個人加盟の全川崎地域労働組合の支援実る 
 
 427号 新任教諭の自殺、東京地裁が公務上の勝利判決
児童の万引きなどで保護者からの激しい抗議も
学校等の支援が十分ではなく相当の精神的負荷
 
7面・・労災職業病豆辞典(毎号掲載)   
438号  本質安全化 Q&A130
建設業での一酸化炭素中毒 
 
437号  本質安全化 Q&A129
インパクトレンチ仕様で ガソリンスタンドで爆発
 
 436号 本質安全化 Q&A128
大規模建設工事の安全対策② 
 
  435号 本質安全化 Q&A127
大規模建設工事の安全対策 
 
434号  本質安全化 Q&A126
鉄鋼業界の災害防止対策 
 
433号  本質安全化 Q&A125
産業医制度の在り方検討会 
 
 432号  本質安全化 Q&A124
措置要求制度
 
 431号  本質安全化 Q&A123
厚労省の膀胱がん調査 
 
 430号  本質安全化 Q&A122
ロールボックスパレットの労災事故
 
 429号  労働安全衛生法Q&A121
機械設備設備劣化で死亡労災多発 
 
 428号 労働安全衛生法Q&A120
化学物質のリスクアセスメント  
 
 427号 労働安全衛生法Q&A119
ノートパソコン加工工場の爆発事故
 
8面・・ひと欄と情報のページ(毎号掲載)   
438号  平成27年度 アスベストの労災補償は1033件   
437号  学校教員の精神疾患での病気休職5009人に
 病気休職者の61%に 
 
436号  ILOのユネスコ共同委員会が
 全教の過重労働是正の訴えについて日本政府に勧告 
 
 435号  厚労省がオルトートルイジンを化学物質予防規制の「特定第2種物質」に指定   
434号  平成27年の定期健康診断の有所見率53.6%に   
433号  平成27年監督実施状況 労安法違反送検件数は550件   
 432号  従業員千人以上の大企業のうち、半数以上で過労死ライン超の残業が  
 431号  平成27年の熱中症による死傷者は464人(前年比41件増)  
 430号  10人死傷の橋桁落下災害で厚労省が安全総点検を要請   
 429号  2015年の労働災害死亡者972人(前年比8.0%減)   
 428号 厚労省が「治療と職業生活両立支援のためのガイドライン」を好評   
 427号 厚労省が産業医の設置基準の見直しを検討  



2017年度のページへ


2015年度のページへ