ホームページのお問い合わせは
TEL
03-5926-7090
FAX03-5926-7091
労働と医学






B5判、1・4・7・10月発行 年間購読料 4,000円
ニュース「働くものの健康」(毎月10日発行)を含め5,000円
 

 2016年度
 №129~


№132      
インタビュー     
   長時間労働の是正とインターバル規制に取り組む
 東宝舞台労組の中村友明副委員長 
 
  特集 夜勤交代制労働の改善のたたかい(Ⅱ)  
基調講演     
   夜勤は有害―「保護と規制は当り前」を世論に  佐々木司 
解   説     
   夜勤規制の国際労働基準と日本の現状 村上剛志 
活動報告     
   夜勤交替制労働と改善のたたかい―日本医労連の取り組み  中野千香子 
   郵政における夜間・長時間労働の実態について  富樫浩行 
   バス・タクシー労働者の夜勤の実態と改善のたたかい  菊池和彦 
   JR貨物の乗務員勤務における労働条件に係る諸課題  木村忠義 
資   料     
   1977年の看護職員条約149号条約   
   労働安全衛生基本調査結果(平成28年10月13日発表)  
   教員の地位に関するユネスコ勧告  
社医研トピックス     
   ILOユネスコ共同委員会が教員の過重労働対策で日本政府に勧告   
     
№131     
インタビュー     
   川口市の教職員のメンタルヘルスカウンセラーでメンタル対策を進める
 土井一博さん 
 
  特集 学校のローアン活動とタスクフォース  
解   説     
   学校のローアン活動の新たな展開と発展 村上剛志 
 活動報告  
   全教のCEARTの適用に関するILO/UNESCO協同委員会への
 追加情報の提出と教員の長時間過密労働の解消
小畑雅子 
   教育委員会、学校の労働安全衛生研修会 杉本正男 
   川口市教職員組合の労安活動 森山敏晴 
   東京・港区で教職員の安全衛生委員会が発足 金井セツ子 
   京都市教組の過密労働是正を求めるたたかい
 ストレスチェックと「小学校部活動ガイドライン」
中野宏之 
   岐阜県の安全衛生活動 石榑享造 
   長野県における教職員の勤務実態と「労働安全衛生活動」の現状と課題 近藤美子 
   青森教組の安全衛生活動 仁瓶恵子 
   東京都羽村市教育委員へ産業医・衛生委員会設置で措置要求 永吉妙子 
緊急レポート   
   9月23日最高裁が日本航空の上告を棄却、不当労働行為を認定した
 東京高裁決定が確定
森陽子 
     
№130     
インタビュー     
   長時間労働対策・労働安全衛生対策で三田労基署と
 懇談した民放労連の齋田書記長 
 
  特集 過労死・過労自殺・精神障害労災認定裁判事例集(2016年)  
解   説     
   過労死・過労自殺・精神障害・労災補償の動向 編集部 
   過労死・精神障害の公務災害認定の状況  中林正憲 
   労災認定裁判での「情報公開医制度」野「活用  保坂忠史 
事   例     
   過労死労災認定・公務災害・行政訴訟・損害賠償裁判17事例
 (日本海庄や、キッツ、兵庫県職員、レンタルブデオ店員、小・中学校教員)など
 
     
   過労自殺・精神障害労災認定 ・公務災害・行政訴訟・損害賠償裁判32事例
 (名古屋市、東芝、バス運転手、NTT、小・中学校教員)など
 
 特別報告    
   アベノミクス・折れた3本の矢、いまこそ日本経済の民主的再生を  村上剛志
     
№129     
インタビュー     
   TPP批准させない国会内外の運動を
 農民連事務局長の吉川利明さん
 
    特集 化学物質のリスクアセスメント  
解   説     
   化学物質・有機溶剤の安全衛生管理  村上剛志
資   料   
   化学物質等による危険性又は有害性等の調査に関する指針について(厚労省)
   厚生労働省2015年労働環境調査(事業所調査) 
   厚生労働省2015年労働環境調査(労働者調査)
   芳香族アミンによる健康障害の防止対策について(厚生労働省労働基準局)
   芳香族アミンの取扱事業場に関する調査結果等について(平成28年1月21日現在)
 ILO・EU資料
    1974年の職業がん条約(139号条約) 
   1990年の化学物質条約(170号条約)
   EUの安全衛生指令
 緊急報告  
   ILOが日本航空整理解雇問題で第3次の勧告
  ―ILOが意義ある交渉の開始を求める 
社医研トピックス  
 「健康・安全で働き甲斐のある職場をつくる」
  ―日本学術会議の提言を実効あるものに
 
 「ストレスチェック制度」では安全衛生委員会の審議が必須条件  
 医療機関の産業医兼務問題が改善通達  
 


2015年度バックナンバー

2017年度のページへ